手渡しする場合の結婚式招待状宛名書きなどの注意点

結婚式招待状の返信は郵送が原則

結婚式招待状の返信は郵送がいいのか、手渡しでも問題ないのか悩んだことがある人も多いでしょう。

通常郵送する場合が多いですが、実は手渡しでも構いません。職場が一緒の場合やよく会う機会がある場合は、手渡しする方が自然であり、より丁寧だと言えるでしょう。また、手渡しする一番のメリットは、お祝いの気持ちを直接伝えられる点です。結婚式を楽しみにしているという気持ちを、しっかりと新郎新婦に伝えることが出来ます。

結婚式招待状の返信を手渡しでする場合はマナーに気を付ける

しかし、必要最低限のマナーを心得ておく必要があります。

まず、返信はがきの書き方は、郵送で返信する場合と同じです。表面の名前の「行」を二重線で消し、「様」に直します。出席する場合は、裏面に書かれた「御出席」の文字に丸をして、「御」の字には二重線を引きます。もう一方の「御欠席」の文字は全て二重線を引きましょう。「ご芳名」の「ご芳」の字や、「御住所」の「御」の字にも忘れず二重線を引くのがマナーです。空欄にはお祝いメッセーを添えますが、区切りの意味合いを持つ句読点は使用しないようにしましょう。

次に手渡しする際ですが、お日柄を考慮して、仏滅は避けて大安や先勝、友引にあたる日に渡すのが望ましいです。しかし、お日柄を気にして返信が遅くなってしまわないよう注意が必要です。招待状を受け取ったら、出来る限りすぐに返信するというのが基本なので、早く手渡しすることを優先させましょう。

また、返信を渡すためだけに会う約束をすることはやめましょう。招待状はあくまでも出席出来るかどうかを確認し、人数を把握するために必要なものです。その返信を渡すためだけに、結婚式の準備で忙しい新郎新婦に、わざわざ時間を作ってもらうことは配慮に欠けます。別の用事で会う機会があって、そのタイミングで渡すのであれば良いですが、そうでなければすみやかに郵送で返信するようにしましょう。

結婚式の招待状の返信で最も重要なのは、返信期限を守ることです。新郎新婦は出席者の人数を確認し、席次表を決めたり、人数分のウェルカムアイテムを用意したりと、式の準備を進めていきます。ですので、全員の出欠が確認出来ないと思うように準備が進まず、新郎新婦に迷惑を掛けることになってしまいます。日程の調整が必要な場合は1週間以内に、どうしても難しい場合には遅れる旨を事前に連絡しましょう。結婚式招待状の返信を手渡しする場合は、これらの点に注意し、新郎新婦への気遣いを忘れないようにしましょう。

お問い合わせはこちら
宛名書き
表彰状
命名書